病気の知識について!
白内障
白内障とは..
  1. 眼のひとみ(瞳孔)の後にある透明な水晶体が白く濁ってくる病気です。

  2. 充血・痛みなどは全くありませんが、視力が少しずつ悪くなっていきます。
症 状
  1. かすんで見える。
    水晶体の濁りが中央部に及ぶとかすんできます。
  2. まぶしくなる。
    水晶体が濁ると、その部分で反射するため、戸外でまぶしく感じたり、見えにくく
    なります。
  3. 暗くなると見えにくくなる。
    水晶体は高齢になる程、黄色に着色します。これに水晶体の濁りがかかわり、
    見えにくくなります。
  4. 二重・三重に見える
    濁り方によっては、物が2つにも3つにも見えるようになります。

原 因

   糖尿病・アトピー性皮膚炎などの全身病や、緑内障などの
 他の目疾患・放射線・薬の副作用などが原因にあげられま
 すが、50歳代以降の健康者にも起こります。

  
歳をとると、一般に身体の代謝が、円滑に行われにくくなり
 ます。特にアミノ酸の体内での変化が正常に行われにくくなり、
 このために出来た物質が水晶体のタンパク質にはたらいて変化
 させ、白く濁るのです。

 
病気の知識は おしまい