環境浄化作業風景
手術室除菌消毒処理業務フロー
 1.消毒処理業務を始める前に室内の空中浮遊菌の採取、及び床面、壁面、室内照明、無影燈、手術台の付着菌を
   フードスタンプ寒天培地法により採取します。
参照ポイント : 浮遊細菌採取ポイント床面細菌採取ポイント壁面細菌採取ポイント
手術室作業前後の浮遊細菌採取調査 手術室作業前後のフードスタンプによる付着菌採取調査
 2.室内を一次殺菌として紫外線照射、オゾン発生終了後、消毒液噴霧にて入室し作業を開始します。
手術室内第一次殺菌紫外線照射(オゾン発生装置)
消毒液噴霧にて入室
 3.室内照明器具、空調吸排気口脱着の後真空バキュームクリーナーにて塵埃除去、アルコールにて清拭消毒を行います。
照明器具脱着清拭
照明器具脱着清拭
空気等真空バキュームクリーナにて塵埃除去作業
空気等真空バキュームクリーナにて塵埃除去作業
 4.塵埃除去作業後、天井、壁面、ドア周り、無影燈、手術台等をアルコールによる清拭消毒を行う。
壁面等清拭作業 ドア等清拭消毒作業
天井等塵埃除去作業後清拭作業
 5.床面をポリッシャーを用い汚染箇所を残さないよう入念に洗浄し、抗菌機能性樹脂ワックスを塗布し最終仕上げをする。
手術室床面汚染箇所クリーニング作業
床面洗浄後汚水処理作業
手術室内抗菌機能性樹脂ワックス塗布作業
 6.消毒作業後の最終工程として1項で行った室内の空中浮遊菌の採取、及び床面、壁面、室内照明、無影燈、手術台等の
   付着菌を同様にフードスタンプ寒天培地法により採取し、細菌検査機関へ検査依頼をします。
参照ポイント : 浮遊細菌採取ポイント床面細菌採取ポイント壁面細菌採取ポイント