検査内容のご案内!
検査内容
  初診の方が行う検査は次のとおりです。

・屈折検査
 ・眼圧検査
 ・視力検査

・屈折検査
  
この検査では、目の屈折状態(正視・近視・遠視・乱視)を調べます。

視力検査
  
視力検査は、視機能検査の第1ステップです。眼球や、情報を伝える
 視神経、脳の異常の有無や経過を判定するうえで重要な情報となります。

・眼圧検査
  
眼球のもっている圧力を眼圧といいます。
 眼圧は、眼球を覆う膜の硬度性(硬さ)と、眼球内容(房水・硝子体)の
 充満度によって決定されます。
 眼圧の正常値は一般に10〜21mmHgと言われています。

・房水と眼圧
  目の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ房水とよばれる液体が
 流れています。房水は毛様体でつくられ、シュレム管から排出されます。
 目の形状は、この房水の圧力によって保たれていて、これを眼圧とよび
 ます。眼圧は時間や季節によって多少変動しますが、ほぼ一定の値を保
 っています。

検査内容の案内はおしまい